身近にいる司法書士は頼りになる存在です

最近の歯の治療は痛みがほとんどないのかも?

いやぁ、本当に驚きました。驚きすぎて歯科に通っている実感もほとんどない感覚です。歯科に通うのは20年ぶりでしょうか。小学生以来なのですが、歯科治療は痛みとの戦いだと思い込んでいた考えが吹き飛びました。確か歯を削るアノ機械は、嫌な音を出しながら、ただでさえ痛い歯を更に増幅していましたが、なんと痛くなかったのです。
大人になるまでのこの約20年間で医療技術も進歩していたようです。小学生以来、虫歯がないと思っていましたが、知らぬまに虫歯は進行していたようです。アイスを食べていたら、歯が割れてしまったのです。割れた歯の中は気づかぬ間に虫歯で割れた後から脈を打つズキズキ感で、何も集中できません。イヤイヤながら歯科治療へという流れだったのです。
しかし、治療してくださる先生も優しくて、「痛くないから大丈夫ですよ。もし痛かったらすぐに手を挙げてね」とリラックスするよう促してもらったりと、まるで先生ではなくカウンセラーの方と間違えてしまうほどでした。あとあとに気づいたことですが、医療技術の進歩だけでなく、治療してくださる先生の技術も高まっているんだと、痛くない治療に感謝しています。
不明な点がありましたら新宿区 歯科を比べてみてください。