身近にいる司法書士は頼りになる存在です

ストレスを生まない二世帯住宅とは

結婚後に親世帯と完全同居にしてしまうと、やはり双方にそれぞれ異なるストレスが生じてしまうケースが多いと思います。実際に同居生活を送る知人の話を聞いていると、様々な不満を聞くことができます。もちろん一方的な不満だけでなく、同居の場合は親世帯・子世帯ともにささやかな不満を募らせてしまいやすいと言えるでしょう。
同居でのストレスを必要以上に生まない為には、互いのプライベートエリアをきちんと守れる二世帯住宅が効果的です。近年は建物の中でそれぞれの生活エリアを分けて作られている二世帯住宅が非常に多くなっており、互いに過剰なストレスを生まないような工夫が施されています。例えば、二階建ての一階部分を親世帯が使って二階部分を子世帯が使ったり、三階建てにして一階と三階はそれぞれ親世帯・子世帯の生活エリアにし、二階を共同リビングにするなどの工夫です。
このように建物の中で生活エリアを分けることで、同居でありながらもそれぞれの家庭の生活リズムを守ることができます。必要以上の干渉もなくなるので、互いにストレスを感じる場面を減らすこともできる優れものなのです。
詳細はコチラ二世帯住宅 間取りに掲載してあります。